www.minus40.net

交通事故に巻き込まれた状態で、あなたが事故の被害者であるにもかかわらず、事故を起こした方が手落ちを少しも納得しないケースはたくさん存在します。例をあげれば、故意にではなく注意不足で乗用車をぶつけた場合などに押し問答になる可能性があります。例えそうであっても、そのまま自動車のみの損害片付けられて時間が経って後遺症が現れた時に、通院した病院の証拠となる診断書提出するというのは遅れを取るというのは否定できません。そうであるなら、車の事故の過失割合は何らかの判定基準が設けられているのでしょうか?細かく言えば、警察署が判断するのは主に自動車の事故の大きな落ち度があるのはどちらであるかということであり、過失の割合ということではないのです。その上、最終的に決定された事故責任者が知らされるケースは有り得ないです。従って、過失割合は事故に関わった人たちの話し合いの結果で決定されこの結果が賠償の算定のベースになります。この時、双方共に自動車任意保険に加入していない時は、当事者同士が直接やり取りしなければなりません。だけど、当然の事ですがこの交渉では、非論理的な言い合いになる時が高いです。まして、主張にギャップがあれば万一の場合、訴訟に突入しますが、それは年月と訴訟費用とても大きな損は避ける事が出来ません。これによりほとんど、互いの人についている保険の会社、こういった双方の会社にやり取りを頼む方法で、ちょうどよい過失の割合を理性的に決めさせるのです。このような時自動車の保険会社はそれ以前の自動車の事故の裁判の判決から計算した基準、判断例等を元に予想とやり取りによって「過失割合」を出します。そうであっても事故のケースでは、遭遇してしまったのか他者を巻き込んでしまったのかに関わらず、最初に警察に電話するのが鉄則です。その後で保険屋さんにやり取りをして話し合いを一任するのが順序になります。その仕組みさえ理解していれば、お互いの無意味な交渉となる事を回避できるに違いないのです。

コンテンツメニュー