www.minus40.net

外国為替証拠金取引(FX)には取引所取引という場所がございます。通常のFX(外国為替証拠金取引)会社と商売を実行するものを「店頭取引」と呼ぶのですがこの取引は取引所を通行させず売り買いのペアは外国為替証拠金取引(FX)業者になります。「取引所取引」という取引所は外為取引(FX)業者は仲介役でありストレートの商売対象は取引所ということになります。この相違を比較していきましょう。最初に「店頭取引」のケースは預け入れているお金は外為(FX)企業に調節されているのです。ところで「取引所取引」の時、お金は総額取引所に入金しないとならないと決まっているのです。仮に外為業者が経営の行き詰まりをするなんていう話があったとしても、後者は、取引所によって資金は全ての額守護してもらえることになります。折は外為会社が統括しているので、景況により業者ダウンの悪影響をに及び託していた資金は守護されずにいくのかもしれないです。また税金面からみても両者では取り決めに相違が見受けられます。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップポイントなどを雑所得として給料と総額で報告をしなければいけません。確定申告せず済むケースもあるみたいですので、わが身に該当するか当てはまらないか入念に検証をお願いします。もしアナタがサラリーマンで収入二千万円以下給与所得を除いた稼ぎが二十万円以下(2社以上の企業から賃金所得はないこと)というようなのような取り決めを守っている状態でいるのであれば例外で確定申告はする必要がないです。FX(外国為替証拠金取引)収益が二十万円以上時は確定申告してください。税金の率は利益に即して5%〜40%の6個の段階に組み分けされていて、手取りが高いのであれば税も高くなります。「取引所取引」に関しては、収益があるのならばその他の利益とは別口として「申告分離課税」のターゲットとなるのです。税の割合は一律20%となりますが、もしかしてマイナスが決定したしからば「取引所取引」の益として欠損分を来年以降に繰越という事ができます。上記から読んでも、「取引所取引」の方がより低価格なタックスになる事もあるので検討してみて考えた方が良いと思います。ビギナーのケースは、株価の変動や円の状況に常に行き届き、収益や損金分に一喜一憂する事で、税金においての事柄を忘れたかのようになることもあるので注意しましょう。欠損分は困ってしまいますが、利益が増えれば税金についても高くなるので注意と自覚が重要です。

コンテンツメニュー