www.minus40.net

自己破産というものを行うと勤め先に事実が知れ渡ってしまっては恥ずかしい、といった具合に人に知れることが怖いと真剣に感じている方がぜひ安心して頂きたいのですが自己破産の手続きを行ってしまっても公的機関から同僚などに事実関係の報告などがいくことはまずないので、通常の場合であれば知れ渡ってしまうことはありません。または普通の状況では破産の申し込みを行った後ならば債権者から上司などに督促の電話がかかることも考えられません。ただし、破産の申立てを司法機関にしてしまうまでの間ならば債権者から上司などに手紙が送付されることもあります故、それが発端となって明らかになるということが実際にありますし月々の給与の没収を実行されてしまうともちろん勤め先の人々の耳に入ることになるのです。そのようなことに対する不安が頭から離れないのであれば司法書士や民法の弁護士などに自己破産の実行を頼んでみるという解決法をひとまず検討するのがいいでしょう。司法書士ないしは弁護士に頼んでみるケースであれば、まず全ての借入先に受任通知を知らせる書類が送付されますがそういった受任通知書が到達した後債権を持つ会社が破産者本人に対して直に催促をしてしまうのは固く違法とされ禁じられておりますので部署の人間に知れ渡ってしまうということも一切ないでしょう。そして、自己破産手続きが原因で現在の職場を退かなければいけないのか否か?という不安にお応えしますと、公的な戸籍又は住民票に烙印をおされてしまうという事態はありませんゆえに、普通の場合ならば部署の人間に事実が知れ渡ってしまうという事態は考えられません。例え、自己破産手続きを行ったことが会社の同僚に気付かれてしまったからといって自己破産の申立てを理由に解雇してしまうなどということは考えられませんし、自主的に退職する必然性も当然ないと言えます。ですが自己破産申立てが部署の人間に事実が知れ渡ってしまい、オフィスに居づらくなって辞職してしまうケースがしばしばあるというのも事実です。賃金の没収については民事執行法では差押禁止債権の枠内で給料あるいは賃金といったものを定められており、こういった財産においては25%以下までしか押収を認めていません。ゆえにこれ以外の75%を没収を行うなどということはできません。そして、民事執行法においては、一般的な国民の最低限の必要経費を計算して政令として金額(三十三万円)を制定していますため、それ以下は25パーセントのみしか没収できないように定めています。なので、借り手がそれ以上の月収を稼いでいるならばその金額を上回るお金においては全部強制執行するのが可能です。ですが、破産に関する法律の変更により借金返済に対する免責許可の申込があり破産申立と同時に免責が決まる同時破産廃止などの裁定が決まり自己破産申請の終結が決定されていれば借金の免責が認められ、確約されるその間までは破産した人の持ち物について強制執行または仮差押え制度の適用、仮処分の適用などが実行出来なくなりこれより先になされている強制執行などに関しても取りやめるということに変わりました。加えて、免責が決定、確定してしまった際にはすでにされていた仮処分などは実効性を消失するのです。

コンテンツメニュー