事故の相手方に対しては

車の損害保険には任意保険および自賠責保険という2つの種類が用いられています。ハーブガーデンシャンプー

任意保険も自賠責保険も、万が一の事態など遭ったときの補償に関するものですが実際の内容はやや異なっているといえます。

ふたつの保険をよく調べると補償の対象となることが一様とはいえません。

※事故の相手については、任意保険、自賠責保険の双方で補償されます。

※自分自身に関しては「任意保険」のみで補償します。

※自己の所有する財産に関しては、<任意保険>によって補償できます。

自賠責保険それだけでは、自分のケガないしは自動車についての賠償などは享受できません。

次に相手方への賠償などですが自賠責保険ならば死亡してしまった時は最高3,000万円後遺障害時上限四千万円と定められています。

賠償金が先に挙げた額を凌ぐことはよくあることに注意しましょう。

またさらに事故の相手のクルマあるいは建物を破損してしまった際、事故を起こした者の補償になると定められているのです。

そのようなわけで任意保険というもう一種類の保険が重要なのです。

害を被った者のサポートに重点を置く任意保険というものにも実は、それとはまた違った独自の補償が存在します。

※事故の相手方に対しては、死亡時や負傷のほかにも、愛車または不動産などといったものの所有物を賠償してもらえるのです。

※自分に対しては搭乗者も加えて死亡時もしくは手傷を賠償します。

※自己が所有する財産へはクルマを補償してくれるのです。

そういったあらゆる面での支援が万全であるということが任意保険が持つ最大の長所なのです。

保険の掛け金の支出は欠くべからざるものとならざるを得ませんが、事故を起こした時の相手方のためにも自分自身のためにもクルマに乗るなら任意保険に申し込んでおきましょう。

コンテンツメニュー

    Link