www.minus40.net

自己破産でその返済義務にあたりその保証人が存在する場合は、あらかじめ話をしておいたほうがよいでしょう。強調させていただきますが、借金に保証人が付いているときは破産申告をする前にちょっと検討するべきです。なぜかというともし破産して免責されると、その保証人がそれらの借金をすべて払うことになってしまうからです。なので、破産宣告の前段階で保証人に、それらの内容や現在の状況について説明し謝罪をしておかなくてはならないでしょう。それは保証人となる人の立場からすると当たり前のことです。あなた自身が破産手続きを取ることから、強制的に債務がふりかかることになるのです。そうなると、以降の保証人になってくれた人の行動の選択ルート以下の4つです。まず、あなたの保証人が「全額返金する」という手段です。保証人自身がすぐに数百万円の借金をいとも簡単に返せるほどの資産をたくわえていれば、この手段が選択できます。そういう場合はむしろあえて破産手続きせずに保証人である人に立て替えてもらい、あなたはその保証人に返済するという手順も取れるのではないかと思います。保証人が自身と信頼関係にあるのなら返済期間を延期してもらうこともできないこともないかもしれません。また一括で返済できないとしても貸金業者も相談で分割に応じるかもしれません。その保証人にも自己破産を行われてしまうと貸金がすべて返らないリスクを負うからです。その保証人が債務者の債務を全額支払う経済力がなければ、借金しているあなたと同じようにある中から借金の整理を選ばなくてはなりません。続く方法は「任意整理」による処理です。この方法を取る場合債権者と話す方法により数年の期間内で返済する方法になっています。弁護士などにお願いするときの経費は債務1件ごとにおよそ4万円。全部で7社から債務があるなら28万円ほどかかることになります。むろん債権者との交渉を自分でチャレンジすることも不可能ではないかもしれませんが、法律や交渉の知識のない方の場合向こうが確実に有利な案を投げてくるので注意が必要です。ただ、任意整理を行うという場合もあなたの保証人に負債を代わりに払ってもらうわけなので、借りた人は時間がかかるとしてもその保証人に支払っていく義務があるでしょう。さらに3つめはあなたの保証人も返済できなくなった人と同じように「破産申告する」という選択です。保証人も借金した人といっしょに破産すれば保証人である人の借金も消滅します。ただその場合は、あなたの保証人が土地建物等を登記しているならばそういった個人財産を取り上げられますし資格制限がある職務にある場合などは影響がでます。その場合は、個人再生という処理を活用できます。最後に4つめの手段は、「個人再生をする」ことです。住宅等の不動産を手元に残したまま債務整理をする場合や自己破産では資格に影響する職についている場合にふさわしいのが個人再生という制度です。この手段なら、自分の家は処分しなくてもよいですし、破産の場合のような資格制限等は何もありません。

コンテンツメニュー