印鑑登録カードを提示するだけで大丈夫です

愛車を売る時や、さらに中古車の処分時も印鑑証明という書類が必要です。フェイシャルエステは宇都宮が安い

この印鑑証明というものに関して解説しましょう。ノンシリコンシャンプー くせ毛

印鑑証明という書類は、ある印鑑に対して、それが実印であるという事実を裏付ける目的のものです。レモンもつ鍋

これがない場合には、その印鑑に関して実印であるということが実証できません。せどり 評価 もらう

高額な取引になる車両の売買のため実印が必要になりますがそれと同時に印鑑証明というものが出てきます。今すぐお金を借りたい

印鑑証明を交付してもらうためには、発行前に印鑑証明の手続きをする必要があります。野菜宅配ランキング

登録するはんこは正式には実印といい同じものが二つとない判子であることが必須です。

この実印を手配して、近所の市役所などの窓口へいけば印鑑登録をすることができます。

手続きが終わると印鑑登録カードが交付され、登録したハンコは実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうためには、役所の取次ぎ所へ行き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を記入して、印鑑登録カードを提示するだけで大丈夫です。

そして、自動交付機を使って印鑑証明書を交付する事が可能です。

印鑑証明そのものには有効期限などはありません。

なので、いつ取得した印鑑証明だとしても証明書としての効力は消えないということです。

ただ、中古車買い取りのときには印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものである必要があります。

ほとんどのケースで有効期限などはないですが、愛車の買い取りの際は、買い取る側が有効期限を教えてくれるので、もしも中古車買い取りを考えているのであれば、最初に用意しておくことが望ましいです。

コンテンツメニュー

    Link